忍者ブログ
[26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

□朝の攻防戦□

・ss

・春日姉弟の日常。

・悠女の寝起きはとても悪い。

・続きからどうぞ。

 


■■■■


爽やかな朝。

朝食を作り終えた久志は、ある部屋の扉をノックする。
けれど返事どころか何の物音もせず、久志はため息を一つだけついて部屋に入る。
普段なら許可なしに入ることなんてしない。
しかし、朝は別。返事を待っていたら学校に遅刻してしまう。
……部屋の主はいまだ安眠を貪っているのだろうから。


その部屋の中には、丸まりながらすやすや寝息を立てる悠女の姿があった。
目覚まし時計は既に止まっているらしい。

(…今日も自力で起きれなかったか)

久志「姉さん、朝だぞ。起きろ」

やや諦め気味の表情で、悠女の肩を叩く。

悠女「…うー……にゃ…」

久志の声は届く事なく、悠女はゴロンと背を向けて寝ているだけ。
まぁ、久志にとって予想範囲内ではあるが。

久志「はぁ…。あーさーだーぞー!」

本日二度目のため息をついて、掛け布団を剥ぎ取り、体をゆさゆさ揺らし起こしにかかる。

悠女「んぅー…」

うるさいと言わんばかりに抗議の声を洩らし、剥ぎ取られた布団を探そうとした悠女の手が久志の腕を掴む。

久志「姉さん、ほら時間!」

ぐい、と腕を引っ張り何度か声をかけたところで、ようやく悠女の目が開いた。

悠女「…はぅ…?……ゆーがく…?」

瞼を擦り、のろのろと悠女は体を起こし。


(…ってオイ)

久志「…なんで朝っぱらから彼氏の名前が出るんだ姉さんっ!」

悠女の両肩をしっかり掴みガクガクと体を揺らす。

悠女「ふぇー?……」

たいした抵抗もせず、揺られっぱなしの悠女。
どうやらまだ半分以上眠っているらしい。

久志「朝起きたら側にいるような関係に進んでたのかっ!!」

あれほど手を出すなと言ったのに!
ただの寝惚けて出た発言に、ひとり熱くなって問い詰めるが悠女はものともせず。

悠女「あー……久志ちゃー。おは、よ…」

ようやく多少、お目覚めになったらしい。

久志「おはよう…それより、どういう事なんだよ!姉さん、姉さん!」

釣られて挨拶を交わすも、久志はまだまだ引き下がる気はないようで。
けれど、悠女はお構いなしに久志の腕をしっかり掴み。

悠女「りびんぐー…連れてってくださいー…」

全く聞いてはいなかった。

久志「駄目、自分で起きろ。…じゃなくて!姉さん!!」

悠女「やですぅー…」

両腕を久志の腕に絡ませてぎゅっと抱きつき悠女は離そうとしない。

久志「っ!!……ちょっ!む、腕はなせって!!」

しかしそれは、久志にしてみれば別の意味を持つ行為になってしまい、流石に問い詰める余裕は一気になくなった。

(…む、胸が、腕に……っ!)

悠女「いーやーでーすー」

更にぎゅうっっと腕に抱きつき駄々をこねる。
余程自力で起きたくないらしいが、久志の方はそう考えてはいられない。

(胸に挟まれっ?!どんだけ大きいんだ…って何考えてるんだ俺っ!!?)

伝わってくる柔らかな感触やら体温やら余計な雑念が久志の思考を支配しかけるが、慌てて追い払い

久志「い…いい加減に目ぇ覚ませーー!!」

遠慮なしに悠女の腕を振りほどいた。



数分後、

悠女「なんでもっと優しく起こしてくれないんですかぁー。頭ぶっけちゃいましたよー…」

久志「…煩い。さっさと食べろっ」

悠女に文句を言われながら朝食を囲む久志の顔は、暫く赤いままだったとか。




いっそ素直に連れて行った方が早いと考えつく事や、悠女の彼氏との関係を聞けたのは、だいぶ後の事だった。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/16 ハジメ]
[11/28 満月]
[10/03 悠女]
[10/02 カーネリアン]
[10/02 ゆーが]
プロフィール
HN:
ミツキ
性別:
非公開
自己紹介:
ここは、株式会社トミーウォーカーが運営するPBW・『シルバーレイン』に登録している春日・悠女(b67777)のブログです。

ブログ内で使用している一部の画像は
株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。イラストの使用権は発注者に、著作権は各イラストマスターに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © +シュガープラムの甘い夢+ All Rights Reserved.
template designed by tanuki
忍者ブログ [PR]